避妊の方法

避妊の方法はたくさんあります。避妊しましたが、妊娠した女性もたくさんいます。その原因は一体なんでしょうか?これは多分間違った避妊方法をするでしょう!腟外射精やオギノ式避妊方法はできるだけやめたほうがいいです。避妊しないと妊娠する可能性がある……ということは、大人なら誰もが知っているはずなのに、望まない妊娠をする女性は後を絶ちません。近年、少しずつ減少傾向にあるとは言え、人工妊娠中絶は、日本では年間18万件以上も行われています。

子宮の入り口に装着するゴム製のフタのような避妊器具で、 子宮への精子の侵入を防ぎます。器具に殺精子剤を塗り、 セックスの前に自分で装着する必要があります。 射精後約8時間はそのままにし、そのあと 24時間以内に取り外します。 きちんと洗えば繰り返して使うことも可能です。 産婦人科にて使用方法について指導を受ける必要があります。 避妊率は80%程度で完璧とは言えません。 また慣れないうちは装着が難しく、きちんとした使用方法が 出来ずに避妊失敗するというリスクもあります。 以上排卵日を気にしなくても避妊できる3つの方法をご紹介しました。 まとめると、一番リスクがなく安全なのはピルです。

「オギノ式」は本来は避妊法ではなく、不妊治療におけるタイミングを計るために広まったものですが、昨今では避妊法として知られています。「オギノ式避妊法」は、次回の月経予定日から排卵日を推測して、その前後数日間は性交をしないという方法です。しかしながら、月経や排卵日は体調の変化でしばしば変わるものですから、予測するのは難しく、確実な避妊法とはいえません