女性用避妊薬の使用について

避妊薬の市場で販売されている女性避妊薬が様々ですが、女性避妊薬の種類について、だいたい低用量ピルと事後ピルという二種類があります。女性たちは避妊薬を使用するとき、避妊薬の飲み方、効果、また副作用を了解することが必要です。避妊薬は避妊効果を発揮するとともに、副作用も発生する可能性が小さくないと言われていますから、それで、女性避妊薬を使用するとき、ぜひ注意してください。

ピルはホルモン剤ですから、特別な疾患をお持ちの女性は服用できないケースがあります。また、この種のお薬は多少血液を凝固させる作用を有するために、血栓の発症には常に注意すべきです。めったにあるわけではないのですが、ふくらはぎの痛みや手足のシビレ、むくみ、胸の強い痛み、激しい頭痛などをみたときには、血栓症(血管の中で血液が固まって、血管がつまる状態)の発症が疑われますので直ちに服用を止め、病院を受診して適切な処置を受けていただく必要があります。とくにヘビースモーカーの方では発症のリスクが高まると報告されています。

低用量ピル(経口避妊薬)は、 現在では世界中の女性がこの方法で避妊をしています。この避妊方法は全ての避妊方式の中で成功率がもっとも高い方法で、失敗率はわずか1%だからで、その失敗例というのは、服用を忘れたり、服用法を間違えたり薬自体の副作用などとなっています。 ピルは生理の初日以降から飲み始めてOKです。飲んだ当日から避妊等の効果があります。生理初日以降から飲み始めると避妊効果が得られるまで一定期間必要です。遅くとも生理後7日目までに服用を開始しましょう。8日目以降になると避妊効果が得られない可能性が高くなります。毎日一錠ずつ服用し、21日間服用した後は7日間服用を止めます。また、7日間の休薬後、8日目から再び21日間、毎日ピルを服用します。以降、服用と休薬を繰り返します。

アフターピルの服用後、出血が起こりますが、これは人工的な生理である消退出血です。消退出血とは、たくさん分泌されていたホルモンの分泌が急に少なくなったときに起こる子宮出血のことです。生理も同様ですが、緊急避妊の場合を消退出血と呼んで区別しているそうです。早い人で、数日、遅くとも3週間以内に消退出血が起こります。これが、避妊ができたというサインになるそうです。