避妊手術のご紹介

パイプカットは男性に対して、行う手術です。パイプカットは、正式に言えば「精管結紮(けっさつ)」とも呼ばれます。精子が出る管を縛って切り離すわけですが、男性ホルモンの生産される量は、手術をしても変わりません。精子が出る管と男性ホルモンが分泌される所とは直接関係はないのですから当然です。ですから、精力が落ちたり、性的能力が衰えたりすることはありません。

妊娠は避けたい場合は、ピルかIUDで避妊します。パートナーとの関係がスティディ(お互い浮気しない)で感染症がないことがわかっていればSTDの心配は不要です。半スティディ(決まった相手がいるが、別の相手もいる)、フリー(固定していない)場合はSTDの予防にはコンドームがどんな場合にも必要です。行為後に妊娠を防ぐ方法で、ピルを使う方法と、IUDを使う方法があります。現在、日本で使用できるのは、低用量ピル(OC)です。OC(低用量経口避妊薬)は一般に低用量ピルとも呼ばれています。

男女とも、避妊手術があります。卵管結紮は女性に対して、避妊手術を行います。卵巣から卵子を子宮に運ぶ卵管を切断して縛ります。精管切除術よりも複雑な手術で腹部の切開を必要とし、全身麻酔または区域麻酔で行います。出産直後の女性は、出産の当日または翌日に避妊手術を行うことができるので、普通の出産と同じ入院期間で避妊手術もできます。前もって手術日を決めておき、待期手術として行うこともあります。

避妊の方法

避妊の方法はたくさんあります。避妊しましたが、妊娠した女性もたくさんいます。その原因は一体なんでしょうか?これは多分間違った避妊方法をするでしょう!腟外射精やオギノ式避妊方法はできるだけやめたほうがいいです。避妊しないと妊娠する可能性がある……ということは、大人なら誰もが知っているはずなのに、望まない妊娠をする女性は後を絶ちません。近年、少しずつ減少傾向にあるとは言え、人工妊娠中絶は、日本では年間18万件以上も行われています。

子宮の入り口に装着するゴム製のフタのような避妊器具で、 子宮への精子の侵入を防ぎます。器具に殺精子剤を塗り、 セックスの前に自分で装着する必要があります。 射精後約8時間はそのままにし、そのあと 24時間以内に取り外します。 きちんと洗えば繰り返して使うことも可能です。 産婦人科にて使用方法について指導を受ける必要があります。 避妊率は80%程度で完璧とは言えません。 また慣れないうちは装着が難しく、きちんとした使用方法が 出来ずに避妊失敗するというリスクもあります。 以上排卵日を気にしなくても避妊できる3つの方法をご紹介しました。 まとめると、一番リスクがなく安全なのはピルです。

「オギノ式」は本来は避妊法ではなく、不妊治療におけるタイミングを計るために広まったものですが、昨今では避妊法として知られています。「オギノ式避妊法」は、次回の月経予定日から排卵日を推測して、その前後数日間は性交をしないという方法です。しかしながら、月経や排卵日は体調の変化でしばしば変わるものですから、予測するのは難しく、確実な避妊法とはいえません

アフターピルと経口避妊薬

女性用避妊薬はだいたい低用量ピルとアフターピルという二種類があります。低用量ピルは常備薬として普段の生活で多くの女性に愛用されています。またアフターピルは緊急避妊薬とも言います。アフターピルは避妊をしないでセックスしてしまった後、妊娠を防ぐために使用されるものです。

経口避妊ピルは月経の第1日目から1日1回1錠を、毎日だいたい同じ時間に飲むことで、飲んだ日から避妊できます。服用開始は5日以内までは遅らせることができます。ピルは主に排卵をおさえて妊娠を防ぎます。ピルに含まれる2つの女性ホルモン、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが脳下垂体に働きかけて卵胞を成熟させるホルモンの分泌をおさえます。だから卵胞は成熟せず、排卵が起こらないのです。その他にも子宮頚管の粘液を変化させて精子を子宮に入りにくくします。また子宮内を変化させて、万が一排卵して受精しても受精卵を着床しにくくします。ピルの服用を止めると速やかに自然な月経周期が回復しま
す。

アフターピルは、避妊に失敗したときに服用する、女性ホルモン剤いわゆる『ピル』のこと。飲むことで、排卵を遅らせたり子宮内膜への着床を阻害したりする効果があります。現在、アフターピルとして使われているのは2種類で、1つは従来型のヤツペ法と呼ばれる方法。これは、性行為があったときから、中容量ピル(プラノバールなど)を72時間以内に1回服用し、その後12時間経過したのちもう1度服用するというものです。

経口避妊薬の副作用の有無は体質によって異なりますが、2シート分続けても合わないと感じたら、他の種類のピルを処方してもらったほうがよいです。3種類目でやっと自分に合うピルに出会えたという患者さんもいます。また、避妊効果が高いからといって、ピルだけに頼るのは危険です。最近では10~20代前半の人工中絶だけでなく、クラミジアやヒトパピローマウイルスなどの性感染症が増加しています。ピルには性感染症の予防効果は一切ないので、性感染症予防のためにもコンドームを性器挿入行為の前から着用するようにしましょう。

女性用避妊薬の使用について

避妊薬の市場で販売されている女性避妊薬が様々ですが、女性避妊薬の種類について、だいたい低用量ピルと事後ピルという二種類があります。女性たちは避妊薬を使用するとき、避妊薬の飲み方、効果、また副作用を了解することが必要です。避妊薬は避妊効果を発揮するとともに、副作用も発生する可能性が小さくないと言われていますから、それで、女性避妊薬を使用するとき、ぜひ注意してください。

ピルはホルモン剤ですから、特別な疾患をお持ちの女性は服用できないケースがあります。また、この種のお薬は多少血液を凝固させる作用を有するために、血栓の発症には常に注意すべきです。めったにあるわけではないのですが、ふくらはぎの痛みや手足のシビレ、むくみ、胸の強い痛み、激しい頭痛などをみたときには、血栓症(血管の中で血液が固まって、血管がつまる状態)の発症が疑われますので直ちに服用を止め、病院を受診して適切な処置を受けていただく必要があります。とくにヘビースモーカーの方では発症のリスクが高まると報告されています。

低用量ピル(経口避妊薬)は、 現在では世界中の女性がこの方法で避妊をしています。この避妊方法は全ての避妊方式の中で成功率がもっとも高い方法で、失敗率はわずか1%だからで、その失敗例というのは、服用を忘れたり、服用法を間違えたり薬自体の副作用などとなっています。 ピルは生理の初日以降から飲み始めてOKです。飲んだ当日から避妊等の効果があります。生理初日以降から飲み始めると避妊効果が得られるまで一定期間必要です。遅くとも生理後7日目までに服用を開始しましょう。8日目以降になると避妊効果が得られない可能性が高くなります。毎日一錠ずつ服用し、21日間服用した後は7日間服用を止めます。また、7日間の休薬後、8日目から再び21日間、毎日ピルを服用します。以降、服用と休薬を繰り返します。

アフターピルの服用後、出血が起こりますが、これは人工的な生理である消退出血です。消退出血とは、たくさん分泌されていたホルモンの分泌が急に少なくなったときに起こる子宮出血のことです。生理も同様ですが、緊急避妊の場合を消退出血と呼んで区別しているそうです。早い人で、数日、遅くとも3週間以内に消退出血が起こります。これが、避妊ができたというサインになるそうです。

避妊薬の個人購入について

避妊薬ピルとは、経口避妊薬で、主に避妊に用いられる女性ホルモン剤です。日本では一般的にピルと呼ばれています。避妊薬の個人購入はいろいろなメリットもあれば、デメリットもあります。それで、避妊薬を個人で購入するとき、個人購入の注意点を重視しなければなりません。

個人購入のメリット
今の市場で避妊薬がいろいろあります。大きく分かれて女性用避妊薬と男性用避妊薬という二種類があります。また、インターネットで避妊薬を購入する人がだんだん多くなっています。忙しい生活の中によってインターネットで避妊薬を購入する方法は便利で安いと認められています。

個人購入のデメリット
そういう方法は便利と言われていますけど、いろいろなリスクもあります。例えば、避妊薬の個人購入の場合、偽物や、使用注意を明らかにしなくて過敏反応、副作用などの状況が現れてくることもあります。それで、避妊薬通販の豆知識をもっと了解することが重要と認められています。

避妊薬個人購入の注意
一般的に言えば、避妊薬の個人購入の場合、いろいろな注意点を重視しなければなりません。まず、各種類の避妊薬の副作用のことをよく知ってください。次は日ごろの生活にも気を遣うことも大切です。また、自分が過敏性体質の場合、あるいは他の薬を服用しているとき、是非お医者さんと相談してください。避妊薬の市場で販売している避妊薬の偽物も多いですから、正規な避妊薬通販サイトで避妊薬を購入してください。また、避妊薬通販サイトで避妊薬を購入するとき、商品の詳細情報と口コミを自分の購入参考としてちゃんと読んでください。更に避妊薬を使用している間で何かの不快感がある場合、すぐ服用を止めて病院に行ったほうがいいと考えられています。

緊急避妊薬の効果と副作用

緊急避妊薬とは
緊急避妊薬は、またアフターピルとも言います。性行為後でも避妊できる薬です。普段は気をつけていても、不意に妊娠の危険を感じた瞬間というのはやってくるものです。

緊急避妊薬の効果
性行為に及ぶ時、最初からコンドームを付けないことや、性行為後に破損に気づくこともありますが、そのような時、ものすごく焦ります。次の生理がちゃんと来るまでは、避妊できているかどうかがわかりませんから、そういう場合に、緊急避妊ピルを常備しておくと、精神的にも気が楽なんです。

一回の性行為で妊娠する確率は8~15%ほどと考えられています。アフターピルの服用により妊娠しない確率は98%、妊娠阻止率は80%ほどと言われています。性行為から24時間以内に内服すると効果が良いと言われているため、可能な限り早く服用ことが勧められています。12時間以内に内服した場合は、60~72時間以内に内服された人に比べて、8倍も妊娠しにくいという報告もあるそうです。

緊急避妊薬は排卵を抑制する、排卵を遅らせる、受精を妨げる、子宮への受精卵の着床を阻止するなどが考えられます。緊急避妊ピルは中絶薬ではないので、受精卵の着床が完了してからの服用では効果はありません。

緊急避妊薬の副作用
緊急避妊薬の主な副作用は吐き気、嘔吐、頭痛などですが、ほかには胸の張り、めまい、腹痛、体重増加などの表現もあります。ピルを服用すると太るという方がいますが、食欲増進や細胞の保水力によるものです。アフターピルの場合は一時的に服用するだけなので、体重増加は極めて稀でしょう。また、ホルモンの影響で、乳腺が発達して胸の張りが起きます。

これらの副作用は、妊娠初期と似たような症状なので、「避妊に失敗したかも?」と不安になるでしょう。しかし、妊娠初期のような症状を感じるのは、早くても生理予定日を過ぎてからというのが一般的です。アフターピルの服用後、これらの症状が出た場合は副作用だと考えて良いと思われています。

緊急避妊薬の簡単な説明について

緊急避妊薬はどんなときに使いますか?緊急避妊薬についてことを了解しますか?避妊検査薬はどんな商品ですか?これからは避妊薬についてこと簡単な説明しましょう。

緊急避妊とは何ですか?

緊急避妊とは、あなたが避妊をしないでセックスしてしまったとか、コンドームが破けるなど避妊の失敗が起こったなどの場合に、妊娠を防止するという方法です。その最も一般的な方法が、緊急避妊ピルと呼ばれるものです。時には、子宮内避妊具も使用されることがあります。すべての緊急避妊法は、無防備なセックスが行われた後、数日以内に行われなければなりません。これは、大抵の女性にとって有効で安全な方法です。産婦人科医が、あなたにとって、最も適当と考えられる方法を選んでくれるはずです。

妊娠検査の方法

妊娠を検査するためには、一般的に妊娠検査薬を利用します。妊娠検査薬は比較的簡単に手に入ります。

妊娠検査薬の使用方法は、多くの製品の場合キャップを外してその部分に数秒間尿をかけます。直接尿をかけようとした場合は状態が固定されず、検査に失敗する可能性もあるので、紙コップなどで採尿して、そこに検査薬を浸す方法などが確実です。

妊娠検査薬で妊娠を検査する仕組みは、女性には妊娠した時のみに体内でつくられる妊娠ホルモン(hCG)というものがあり、その妊娠ホルモンが存在するかどうかを検査する方法なので、正しい方法で検査が行われた場合は99%の正確さで検査が行えます。

また、妊娠検査薬を使用する時期に関しては、生理予定日から1週間以上生理がこなかった場合が適切です。一度検査をして陰性(妊娠していない状態)でも、生理が来ない場合は期間をあけてもう一度チェックした方が良いでしょう。

緊急避妊薬の副作用についてこと

初めて緊急避妊薬を服用した場合は下記のような副作用の症状が出やすくなります。ただ、ほとんど場合、副作用は数日ほど経過すれば自然と治まります。

  • 吐き気・嘔吐
  • 頭痛
  • 生理痛のような腹痛
  • めまい・眠気
  • 血栓症
  • 不正出血

服用後、2時間以内に嘔吐してしまった場合、再度薬の服用が必要になる場合があります。服用後の嘔吐に関する詳細は、処方してもらう医師に十分に確認しましょう。

副作用で現れる症状が24時間以上続くことはないと言われていますので安心してください。もし症状が治まらずに体調が悪化する場合は、医師の診断を受けるようにしましょう。

緊急避妊薬の服用後の生理について

緊急避妊薬で避妊が成功した場合は生理がきます。排卵前や排卵期にアフターピルを服用した場合、生理予定日より早く生理がくることがあります。この場合の生理はアフターピルによって生じた生理、または薬によって起こるこの現象を「消退出血」といいます。

これは本来の自然な生理ではありません。自然な生理は緊急避妊薬を服用していても、ほぼ予定どおりの日に来ます。つまり緊急避妊薬を服用すると、月に2回生理が来ることになります。

緊急避妊薬を服用後、本来の生理予定日より遅く生理が来るという可能性は低いです。生理予定日を過ぎてからの出血は着床出血の可能性が高く妊娠の疑いがあるといっていいでしょう。

以上は市販緊急避妊薬を流行していることを紹介しました。日本では毎年約30万件の人工妊娠中絶手術が行われていると言われています。「望まない妊娠」が存在している事実がそこにはあります。中絶手術は心身ともに女性を傷つけます。避妊に対する正しい知識を身につけ、自分の身は自分で守ることが大切です。そして、妊娠検査薬を利用しました。それは女性にっとて本当に助ける商品です。女性の悩みが解決しました。

>>36時間効果のシアリスは男性のインポテンツの患者に早漏などの問題を改善するように助けます。男性が性刺激を受ける時、ペニスの血流が増えています。

>>ED勃起不全を予防することが運動が大切です。運動によるED・勃起不全予防といって思い浮かべるのは、肥満予防、生活習慣病予防によるED・勃起不全予防でしょう。

>>男の精力剤の種類は大きく分類すると『ED医薬品(シアリス治療薬)』と『それ以外の食品(サプリメント、健康食品や清涼飲料水など)』、『天然の漢方滋養強壮剤』の3つの種類です。

>>ペニスが短小で悩んでいる方のため,ここではペニス増大精力剤をご绍介させていただきます。厳選した5つの人気があるペニス増長精力剤は順に、ランキング形式で比較紹介していますので、ご参考ください!